自己破産をするために!

自己破産をして何より良かったと思うことは、借金を払わなくて良くなるということです。
もちろん、良いことばかりあるはずも無く、高額の財産はもちろんのこと、それこそ身の回りのありとあらゆるものが処分され、
借金の返済に充てられることになります。つまり、日常生活に必要なごくごく一部のものを除き、手元にはほとんど何も残らないということです。

明文化されているものによると、「99万円を超える現金、時価20万円を超える財産は没収される」とのことです。
借金返済シュミレーションを簡単に出来るサイトなんかも人気です。

車や家を所有していれば、没収され、信用情報機関にも破産情報は登録されてしまうので、それ以降7~10年間は、
借金はもとより、クレジットカードも持てなくなってしまいます。これが、「ブラックリストに載る」ということです。

自己破産のデメリットやメリットを紹介します。
また、自己破産者は、弁護士や税理士などの職業には就けないという一時的な「資格制限」があるので、破産手続きが終了し、免責許可が下りるまでは、
それらの仕事は出来なくなります。遺言執行者や、後見人にもこの期間はなれません。

ただ、そういった制限や、財産の没収なども、永続的なものではないので、免責許可が下りた後は通常の生活に戻ることが出来ます。しかし、
自己破産に関する弁護士費用などはしっかりと準備しておかないといけません。

支給の要件を満たしていれば、年金も受給できますし、収入も自由に使うことができ、貯蓄や買い物も思うとおりにできます。