平和

日本は世界的に見ても平和な国だと言われていますが、毎年3万人くらいの人が自殺をされているのです。事件の件数は世界的に見ても少ないのですが、自殺率が非常に高い国として知られています。なぜ、自分の命を自分で絶つという行為に至るのでしょうか?日本で自殺をして亡くなられた方の動機を調べ統計を取ってみました。自殺の理由として1番多いのは、健康問題だと言われています。自殺された方の50%が病気などの健康問題が原因なのです。次に多いのが経済的な理由です。金銭的な理由で死を選ぶしかなかった方は、借金が膨らんで精神的に追い込まれた状態になっていたという方が多いようです。毎日のように取り立ての連絡が入ったり、自宅に押しかけられるようなことをされては、死にたくなってしまうかもしれません。ただ、借金の返済が無理だから人生終わったと考えるのは間違いです。経済的な理由で自殺をされる方は、借金が膨らんで返済が出来なくなり、助けを求めることも出来ずに死を選んでしまうのですが、借金は解決をする方法が必ずあるのです。死を選ばなくても借金の苦痛から逃れる方法はあります。死んだからといって借金の問題が解決をするわけではありません。これだけ多くの方が経済的な理由で自殺をしているのですから、社会も何か対策を考えなければならないでしょう。

一生

生涯にわたって借金を繰り返す人の生活というのは、安らぎが全くない生活です。「借金体質」と言われる人もそれを理解してはいるものの、借金体質によって依存をせざるをえない状態なのです。借金というものは恐いものだという認識を全員が持っているので、利用をしたことがない人は出来るだけ利用をしたくないものでしょう。借金体質と言われて借金を繰り返している人も、最初はその考えを持っていたのです。それがちょっとしたきっかけで借金に手を出してしまい、慣れから借金をすることに抵抗を感じなくなってしまうのです。抵抗を感じなくなってしまうと、どんどんと悪い方向へ追い込まれていきます。借金の額もどんどん増えていきますし、返済に追われるようにもなるでしょう。借金を抱えた人生というのは、常にお金のことを考えなければならず、気を休めるようなことは出来ません。この借金体質はどのようにすれば改善をすることが出来るのでしょうか。病気のように薬で治るものではありませんので、借金体質からの脱却は非常に難しいことではあります。心の病気とも言えますので、自分自身と向き合って現実を見つめながら、ゆっくり借金に対する考え方を改めるしかありません。まずは借金を完済することが先決ですので、今の借金の額を把握して返済計画を立てて下さい。借入額や返済額を具体的に知ることによって、自分の収入や出費と向き合うことが出来るでしょう。地道に返済を続けて完済を目指すことによって、借金体質も改善へと向かっていきます。

金利

借金をすることが癖になっている人を借金体質と言いますが、この体質は特定の人がなるものではなく、誰もがなる可能性があるものなのです。というのも、お金がすぐに手に入る方法を嫌がるような人はまずいないからです。借金というものは、暗いイメージがあったり後ろめたさがあることですので、人に堂々と借金をしていることを言える人はいません。ただ、生活をしていれば急にお金が必要になることもありますし、借金事態が悪いと言っているわけではありません。理由がきちんとしたり、小額の場合でしたら、そこまで問題化するようなこともないのです。ただ、いい加減な理由でどんどんと借金を積み重ねて借金の額が大きくなると、さまざまな部分で問題が起きてくるようになります。時に、人生を大きく狂わされることもあるのです。借金の問題を解決する方法は、返済をする以外にありません。放っておいて解決する問題ではなく、逆に放っておくと金利がかかって借金の額がどんどん膨れ上がっていきます。返済をしなければしないほど、借金の額が増えて返済出来なくなっていくのです。借金体質の方というのは、借金という現実に目を背けており、自分の借金に対する間違った考え方に苛立ちを感じているのです。そんな自分から逃れたいと、ギャンブルで一発逆転を狙うような人も多いのですが、失敗をしてさらに借金という渦に巻かれていくのです。借金体質の方は、自分の考え方や行動で負の連鎖へと自ら進んで行ってしまいます。

簡単ではない。

世の中には、借金のことを簡単に考えている人、借金にすぐに頼ってしまう人がいます。そんな方は、1度キャッシングを利用するととんでもないことになってしまうのです。最近のキャッシングのサービスというのは、借金をしてる気持ちになることなくまるで自分の預金口座からお金を出すかのように、どんどんとお金を手にすることが出来るようになっています。これは、キャッシング業者が少しでも多くの方にお金を借りてもらうために、試行錯誤をして生み出したサービスなのです。キャッシングを利用する人にとっては、便利なサービスであるということから、ついついキャッシングに手を出してしまうようになるのです。借金を軽く考えて依存をしている「借金体質」の方でも、収入などの条件をクリアすればキャッシングを利用することが出来ます。そういったことから、借金依存の方でもキャッシングのサービスを受けることが可能なのです。キャッシングは、お金を貸してもらって借りた分のお金を返すだけではありません。借りたお金に加えて利息を支払う必要があります。利息を支払うということはその分だけ支出をしてしまうことになりますので、貯金をして自分のお金で買い物をした方が賢明でしょう。キャッシングのサービスを行っている金融業者というのは、あまり良いイメージがなく闇の世界という感じがしたのですが、有名芸能人を広告やCMに使ったりしてイメージを一新してきています。親しみやすいイメージに変わっていますが、サラ金とやっていることは同じです。キャッシングは利用をしないことに越したことはありません。

日常からの…

複数の金融業者から借金をして借金の額が膨らんでしまっている借金まみれの人には、共通点があると言われています。その共通点というのは「我慢強くない」ということです。人間には欲求というものがあり、日常的にその欲求というものが出てきます。欲求がわくというのは悪いことではないのですが、その欲求を我慢出来るかどうかということなのです。欲求を抑える力というのは、日常生活の習慣で身に付くとも言われています。タバコや酒、パチンコといったものが、止めたくても止められないもののいい例だと思います。我慢をすることが出来ずに自分の許容範囲を超える出費をしてしまうことで、借金をすることが日常となって借金まみれになってしまうのです。タバコは1箱430円、発泡酒は1缶130円します。これを毎日買い続けると結構な額になるでしょう。我慢する力があれば、タバコやお酒にお金を使うこともなくなるのです。借金をどうしてもせざるを得ない状況になり借金をしたとしても、我慢強さがあればもう2度と借金はしないという気持ちになり、返済に力を注ぐことが出来るのです。これが我慢強くない人というのは、借金をして得たお金や返済に充てるお金を目的以外のものに使ってしまい、再び借金を繰り返してしまうのです。借金を続けることによって借金の額はどんどんと膨らんで、借金まみれと言われる状況になってしまうのです。どんな小さな欲求でも我慢をする力があれば、大きな欲求も我慢をすることが出来ます。毎日買っているジュースやコーヒー、お菓子を我慢するようにしてみて下さい。小さな積み重ねでも続けることで大きな変化が起こることに気付くはずです。そうなると、安くで物を買おうという意識が芽生えてきたり、買い物をする際に必要であるかを慎重に考えるようになれるのです。

苦しみ

借金で苦しんでいる方というのは、思っている以上にたくさんいらっしゃいます。借金を背負って苦労をされている方の中には、ブログや体験記を公開している方もいらっしゃり、同じ悩みを抱えている人たちの本音を知ることが出来ます。借金の原因であったり、返済に向けて頑張ったことなど、借金で苦しんでいる方が知りたいことをしっかりと伝えてくれています。借金で地獄のような生活をしていた人が借金を完済することが出来た、そんな話を聞くことで、自分の今の状況に置き換えて客観的に物事を見る事が出来るのです。客観的に自分を見つめ直すことで、生活改善を行うことにも繋がります。誰が見ても完済をすることは不可能だという多額の借金を、家族全員で必死に働いて完済をすることが出来た、そんな話を聞くと自分も頑張らなくてはという気持ちになることが出来るでしょう。借金経験者の話には、必死に努力をされた方の話もあれば、何も努力をされなかった方の話もあります。運よく努力することなく借金を完済することが出来た人の話もあるのですが、自分もそうでありたいと夢をみることは良くありません。努力をせずに借金を完済した人の話は、参考にしてはいけないのです。人間として成長をすることも出来ませんし、中には真に受けたことで詐欺に遭うこともあるのです。誰もがうらやむ話には、裏があるということを頭の中に留めておきましょう。借金で苦しい生活をしていると、おいしい話に乗りたくなってしまう気持ちは分かります。しかし、苦しい状況に追い込まれているときこそ、冷静に物事を判断する必要があるのです。努力をせずして借金を完済することは出来ません。地道に返済を続けて、二度と借金を繰り返さないようにしなければなりません。

ふ~ん

「借金まみれ」という言葉を聞いたことがあると思うのですが、どういった状況のことを言うのでしょうか?さまざまな考え方があるので、これと断定をすることは難しいのです。というのも、人によって借金をする理由というのが違うからなのです。同じ金額であってもギャンブルなどの娯楽で借金を作った人もいれば、マイホーム購入のためにローンを組んで借金を返済している人もいます。また、連帯保証人になったことから自分以外の人が作った借金を返済している人もいます。借金を背負うことになったとしても、借金を作るその過程が人によって違ってくるのです。この3つのパターンで考えた場合、同じ金額の借金があったとしても、借金の理由によってその人の評価が大きく変わってくると思います。ギャンブルで借金を作った人は、少しずつ借金が増えて複数の金融業者からお金を借りているでしょうし、住宅ローンで借金をしている人は、1社の金融業者から計画的にお金を借りているでしょう。計画的にお金を借りていない方と借りている方とでは、同じ額の借金があっても随分と印象が違ってきます。借金まみれと私たちが行っている人というのは、負食う数の金融業者から借り入れをしていることだと考えます。最初は小額の借り入れだったのが、回数を重ねてどんどんと借入額が膨らみ、取り返しがつかないくらいの借入額になっている人を「借金まみれ」と言うのです。

年齢

大学を卒業してから食品メーカーで営業一筋で頑張ってきた私は、何十年も働いてベテランと呼ばれる立場になり、リストラをされることになったのです。仕事が出来ないというわけではなく、成績もトップを取ったこともあるくらいだったのです。ただ、年齢を重ねてベテランになると、若手社員の勢いに押されるようになってきて、徐々に営業部隊の中でも中心から外されるようになっていきました。成績が予算をきるような状態が続いたある日、人事部からリストラの宣告を受けることになったのです。会社の業績も悪かったので、リストラが行われることは予測をしていたのですが、自分がその対象になったと分かったときは本当にショックでした。リストラ宣告を受けて3ヵ月後に退職をして収入が0の状態になりました。次の仕事が見つかることもなく、貯金を切り崩して生活を行うことになり、数ヵ月後には貯金も全て使い果たして借金をしなければ生活が出来なくなってしまったのです。仕事をしていないので借金の返済が出来るわけもなく、借金の額はどんどんと膨れ上がっていきました。この状態では借金をし続ける生活から抜けられないと思い、自己破産をすることに決めました。

もっと

働いていた会社の給料がとても少なく満足が出来る額ではありませんでした。もっとお金が欲しいという気持ちで始めた競輪で私はその後痛い目に遭うことになったのです。ギャンブルでお小遣い程度であれば稼ぐことが出来るだろうと思ってしまっていたのです。ギャンブルというのはいつも当たるものではありません。外れる日ももちろんありますし、むしろ外れる日の方が多いと思います。ただ、当たったときの嬉しさと思わぬ臨時収入が入ったときに出来る贅沢が止められませんでした。負ければ賭け金は戻ってきませんし、勝っても贅沢をして散財してしまっていたので、いつになってもお金は増えずに、ギャンブルで使うお金の金額が上がる一方でした。収入の範囲内ではギャンブル代が足りなくなってきたことから、借金に手を出すようになってしまったのです。借金を何度も繰り返していくうちに、気付けばどんでもない額を借りてしまっていました。借金を返済しなければマズイと思ったので、アルバイトを増やしてお金を稼ぐ努力をしたのですが、ギャンブル癖が抜けなくてお金を手にするとすぐに競輪に行ってしまったのです。病気がちな親に返済を助けて欲しいとお願いをするわけにもいかず、自己破産をしてしまおうと自分自信で決意をしました。社会的信用を失うことになりましたが、これを教訓に1から出直しをします。

ホストクラブに通う頻度

私は、ホストクラブにはまってしまい、借金をして人生が大きく変わりました。結婚もしていなかったし、付き合っている彼氏もいなかったので、寂しかったのでしょう。ふと入ったホストクラブで受けたお姫様のような待遇がとても気分よくて、ホストクラブにのめりこんでいったのです。今になって冷静に考えると、お金をたくさん落としてくれるひとにホストがサービスをするというのは当たり前のことです。ちやほやしてもてなしてくれていたのは、私が素敵な女性だからということではなく、金払いのいいお客だっらからなのでしょう。今ではそう思えるのですが、その当時はホストの言葉や対応を全て真に受けてしまっていたのです。私に魅力があるからホストの皆はちやほやしてくれているのだ、と勘違いをしていました。ホストクラブに通う頻度も高くなり、収入以上をホストクラブで落とすようなこともざらでした。お金が足りなくなると借金をするようになり、どんどんと借金の金額が大きくなっていったのです。返済もまともに出来るような状況ではなく、金融業者からの取立ても始まりました。しつこい取立てに恐怖を感じ、ホストクラブに行くことを止めたのですが、私がホストクラブに行かなくなった途端に、これまで毎日のように来ていたホストからの連絡もなくなりました。借金だけが残り途方に暮れ、弁護士事務所に相談をし、任意整理を行ってなんとか返済の目処が立ちました。